宅建協会とは

愛知県宅建協会は、県下最大の宅建業者団体です。

 公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会(愛知県宅建協会)は、愛知県知事認定で設立された公益法人です。
 宅地建物取引業務の適正な運営と公正な取引を確保し、会員の品位の保持および資質の向上に努め、宅建業の健全な発展を図ることを目的に昭和34年に設立され、 県内約5,600の会員で構成されております。(令和2年4月現在)
 また、愛知県宅建協会は全国組織の公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)に加盟しております。全宅連の会員数は 全国で約10万会員にものぼり、それは、 宅建業者全体の約80%が加盟していることを意味します。
 愛知県宅建協会には、宅建業法第64条に基づく公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会・愛知本部をはじめ、会員の事業活動を強力にサポートする愛知宅建サポート株式会社などの関連組織があります。

 また、国土交通大臣指定の公益社団法人中部圏不動産流通機構(レインズ)の設立にも参画し、不動産業界の発展に寄与しています。

組織概要

組織名公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会
所在地〒451-0031
愛知県名古屋市西区城西5丁目1-14(愛知県不動産会館)
TEL052-522-2575(代)
FAX052-521-1837
創立昭和34年6月3日
社団法人認可昭和42年6月30日
支部数愛知県下15支部
会員数5,539人(令和2年 4月1日現在)
委員会構成総務財政委員会、人材育成委員会、消費者保護委員会、広報啓発委員会、 政策流通委員会、会員支援委員会

アクセス